intercom News

インターホンの取り付け依頼の前に確認しておくべきポイントを記載してます

依頼前にするべきポイント

住宅

業者へ依頼する前にするべきこと

インターホンの取り付けを激安で依頼したいと思ってる方は年々増えています。インターホンの種類によって依頼にかかる費用は異なりますので、まずはどのようなインターホンを購入するのか考えましょう。最近はインターホンの機能が増えてきて、モニター付きのインターホンであったり、セキュリティ機能がついたインターホンも販売されています。自身の住宅環境や生活環境に合うインターホンがどれか確認するのが大切です。

実績のある業者に依頼することが大事

取り付けや交換を業者へ依頼する際は、実績のある業者に依頼することが大事です。実績があるということは、それだけ様々な種類のインターホンの取り付けや交換を行っているということですので、どのような種類のインターホンの工事でも的確に対応してくれます。そのため実績のある業者へ依頼することが大切です。周りにインターホンの取り付け工事を行った方がいるのであれば、依頼した業者がどのような対応だったのか聞いてみましょう。

防犯性を高めるポイント

フェンスなどは見通しをよくする

フェンスは見通しをよくした方がよいと思われます。フェンスの見通しをよくすると、例え不審者がフェンスを乗り越えようとしても、屋内からもすぐに見つけることができますし、外からでも目立ちますので、防犯性が高くなると言えます。

郵便ポストは施錠タイプのものを

郵便ポストは施錠タイプのものを選びましょう。鍵のかからないポストだと、郵便物を盗まれるリスクが高いです。そうならないためにも施錠タイプのものを選択することが大切です。

インターホンはモニター付きのものを選ぶ

インターホンはモニター付きのものを選びましょう。現在は録画機能がついているものもありますので、留守中に誰かが訪問したとしても訪問者の顔を録画してくれますので、不審者が来ていないか確認することができます。

センサー付きのライトを設置する

誰かが近づくと点灯するセンサー付きのライトはおすすめです。不審者は明るい場所を嫌いますので、このライトを設置するだけでも防犯に役に立ちます。戸建ての住宅であれば玄関だけでなく庭にも設置すればより安全です。

ベランダや庭に洗濯物を干しっぱなしにしない

ベランダや庭に洗濯物を干しっぱなしにしないようにしましょう。洗濯物を干しっぱなしにしてしまうと、洗濯物が邪魔をして屋内から外の状況が把握しずらくなります。また洗濯物自体を盗まれるリスクもありますので、干しっぱなしにしないようにしましょう。

普段から防犯意識を高めることが大事

近年、不法侵入などの事件が増加傾向にあります。普段から防犯意識を高めることにより、事件を未然に防ぐことができます。自分自身だけでなく、周りの方にも協力してもらい地域を挙げて防犯に取り組むことが大切です。

広告募集中